『ライオンチャレンジ25』活動結果報告(2010年4月-2011年3月)
ライオン株式会社(社長・藤重 貞慶)は、2005年7月より『チーム・マイナス6%』に参画、昨年からは『ライオンチャレンジ25』と銘打って、引き続き全社で環境保全活動を展開しております。
2010年度は、5月~9月の「クール ビズ」、11月~2011年3月までの「ウォーム ビズ」、および「ノー残業デー」などに取り組みましたが、猛暑などの影響により、ライオングループ全体の事務部門*(オフィス)年間のCO2排出量(電気使用量換算)は、前年に比べ97トンの増加となりました。
本年は、夏の使用最大電力15%以上削減など、全社での節電対応に取り組んでまいります。

*一部生産施設の事務所をのぞく




URL1 http://www.lion.co.jp/ja/company/press/2011/2011054.htm