福島県『やぶき復興感謝祭』にて工場での生物多様性の取り組みを紹介

ライオンの工場では、工場の操業にともなう影響を低減するとともに、工場が立地する周辺流域の生物多様性を保全し、その恵みを地域社会全体で享受できるよう、生物多様性保全活動を積極的に行っています。

医薬品のバルサンくん煙剤やルックおふろの防カビくん煙剤の生産拠点であるライオンパッケージング(株)福島工場は、『福島県矢吹町復興感謝祭』(2014年9月21日)に出展し、工場の敷地内に自生する絶滅危惧種の一つ「おきな草」の保護活動について紹介いたしました。

当日、会場・やぶき球場は約14000人のお客様で賑わい、地域の多くの皆様との交流ができました。

今後も各事業所の環境の取り組みを積極的に発信し、地域との交流を大切にしていきたいと考えています。

 

 

 


ライオンパッケージング㈱のブース

お客様との交流

スタッフ一同