「世界トイレサミット2010」でINAXが招待講演~し尿を乾燥・発酵処理する「エコ・サニテーション」で世界の水問題解決に寄与します~
水の世紀といわれる今、世界中で深刻な水不足が起こっていますが、下水道など汚水処理システムの整備が進んでいない新興国などでは、河川の汚染など公衆衛生面でも、水に関する大きな課題を抱えています。INAXは、まったく水を使わず、周辺の水環境に負荷をかけない新しいコンセプトのトイレ「エコ・サニテーション」の研究開発を進めています。11月2日、アメリカで開催された「世界トイレサミット(World Toilet Summit 2010)」で、INAXは日本から唯一の参加者として「エコ・サニテーション」について発表し、出席者の高い関心を集めました。

「世界トイレサミット」:2001年に「世界の公衆衛生の充実」を目的に設立した「世界トイレ機関(WTO:World Toilet Organization)」が主催する国際会議

※詳しくは下記のURLをご覧ください。

世界トイレサミット会場発表風景



URL1 http://www.inax.co.jp/company/news/2010/060_eco_1117_725.html?tc=rss