世界初 3電池連動による“自立できる家”の実用化 「グリーンファースト ハイブリッド」誕生

 積水ハウス株式会社は、2011年8月8日(月)に「快適性」「経済性」「環境配慮」にすぐれた「グリーンファースト」の進化形として、世界初の3電池(太陽電池・燃料電池・蓄電池)の組み合わせにより、快適に暮らしながら大幅な節電を可能にし、日中は“街の発電所”として社会に貢献する「グリーンファースト ハイブリッド」を発売します。

◆「グリーンファースト ハイブリッド」のポイント

(その1)3電池を組み合わせた電力供給システムを備えた商品の市販化は世界初

(その2)容量8.96kWhの大型蓄電池搭載 ~いつも電気がある安心の暮らしを実現~

(その3)日常は快適に暮らしながら光熱費を年間26万円削減、日中は“街の発電所”に

(その4)非常時も自動的に電力供給システムが稼働し、安定した電力を継続供給

 

 東日本大震災以降、電力会社から送電される電力をできる限り使わない生活スタイルが求められています。2009年に積水ハウスは、安全・安心で高品質な住宅に太陽電池や燃料電池を組み合わせて快適性、経済性を確保し、CO2や電力消費を大幅に削減できる環境配慮型住宅「グリーンファースト」を発売しました。

 今般、発売する「グリーンファースト ハイブリッド」は、さらに蓄電池を組み合わせ、快適に暮らしながら、大幅な節電を可能にし、日中は電力を供給する“街の発電所”となって電力不足に貢献する、時代のニーズに応える商品です。

 積水ハウスは、「グリーンファースト ハイブリッド」を戸建住宅における最も環境対策レベルの高い住宅モデルと位置付けています。創エネ技術と畜エネ技術を組み合わせることにより、快適に暮らしながら、居住時に排出されるCO2や電力消費(光熱費)を抑え、さらに停電時などの非常時でも電力を確保できる住宅を積極的に販売することで、安心で環境負荷の少ないサステナブルな社会づくりに寄与してまいります。

 





URL1 http://www.sekisuihouse.co.jp/company/newsobj1720.html