【三洋商事】大阪府のアドプトフォレスト制度に参画します。
 当社は、アドプトフォレスト制度の理念に賛同し、大阪府河南町にある平石城跡地区の「森づくり」に参画することになりました。この地は楠木正成ゆかりの城跡で、河南町平石の集落に近接し、里山風景を眺望することができます。しかし、近年では雑木林・竹林・人工林が拡大し、ヤブ化し林床の暗い場所が増えてきている状態です。活動にあたっては、環境的視点だけでなく、里山風景を展望できるよう、雑木やスギ・ヒノキ・タケの間伐を行い、河南町の木にもなっている「サクラ」の植栽など、森づくり活動をすることにより、里山保全と平石城跡の魅力向上に貢献していきたいと考えています。

*アドプトフォレスト制度とは・・・
 大阪府が事業者等と森林所有者の仲人となって、森づくりへの参画を進める制度です。当社(本社:大阪府東大阪市)が位置する大阪府の森林面積は約56,600haで府域の約1/3を占めています。これらの森林は、木材生産以外に、府民の憩いの場や癒しの場、生物多様性の保全、地球温暖化防止など多様な役割を持っています。しかしながら、管理されずに放置されたり、竹林が拡大するなど、荒れた森林が増えつつあります。



■ 当社三洋商事のホームページをご覧下さい。

活動地:河南町平石城跡



URL1 http://www.sanyo-syoji.co.jp/csr/csr_info/20100901_000513.html