軽量タイプの新型エコ・コンテナ導入
ANAは、軽量タイプの新型コンテナを500台導入し、7月29日(木)より運用を開始しました。

今回導入した軽量タイプ新型エコ・コンテナは、底板および骨格を除く外板部分を炭素強化プラスチックに、開閉部分を大型テント等に用いられる防汚・防水性の高いキャンバス素材にそれぞれ変更することにより、従来のアルミ製コンテナと比較して30kgの軽量化(従来比▲約30%)を実現しました。

当初は、成田=サンフランシスコ線を中心に、主に欧米路線にて使用します。成田=サンフランシスコ線の使用機材はボーイングB777-300型機で、コンテナ搭載可能台数は44台なので、1機あたり最大で1,320kgの軽量化が可能となり、1,272kgのCO2削減効果が期待できます。また、メンテナンス費用の低減も見込まれます。
今後も順次この軽量型コンテナへの更新を進めてまいると共に、今年度導入予定の新型機材ボーイングB787型にも同じく炭素繊維素材が多く使用されていることから、この新型コンテナと併せて、飛行機まるごと軽量化が実現する予定です。
ANAは、今後も燃料消費抑制、CO2排出量削減に、引き続き努めてまいります。

詳細につきましては、下記のリンクから、プレスリリースをご覧ください。

軽量タイプ新型エコ・コンテナ



URL1 http://www.ana.co.jp/ana-info/ana/csr/