太陽光発電施設(タケエイソーラーパーク成田)が完成しました

タケエイグループの株式会社タケエイエナジー&パークが準備を進めてきた太陽光発電施設『タケエイソーラーパーク成田』が完成し、2014年4月28日より発電を開始しました。

 

タケエイエナジー&パークでは、埋立が終了した最終処分場跡地の有効利用について、新たな事業展開の検討を進めています。 2009年には、千葉市郊外の大木戸第一最終処分場跡地において『タケエイエコパークゴルフ大木戸』を開業、地域の皆さまのコミュニケーションや健康づくりの場としてご好評いただいております。 そして、2014 年、当社成田最終処分場(稼働中)に隣接する最終処分場跡地を利用し、いよいよ太陽光発電事業を開始いたしました。

当施設の発電容量は 1,334.76kW-DC / 990.00kW-AC で、一般家庭の使用量に換算すると、年間400~450世帯分の発電量となります。

CO2の削減効果は年間448,270kgが見込まれ、森林面積に換算すると125平方メートルに相当します。

 


タケエイソーラーパーク成田



URL1 http://www.takeei.co.jp/pdf/140425solar.pdf