エコ・ファースト企業間の連携による地球温暖化対策(CO2削減)の取り組み
2010年1月18日

株式会社タケエイ(以下「タケエイ」)および東京海上日動火災保険株式会社(以下「東京海上日動」)と東京海上グループのリスクコンサルティング会社である東京海上日動リスクコンサルティング株式会社(以下「TRC」)の3 社は、地球温暖化対策としてのCO2 削減に向けて共同して取り組むことといたしました。
タケエイと東京海上日動は、共に環境省が環境に関する先進的な取り組みを行うことを約束した企業を対象に創設した「エコ・ファースト制度」(*1)における「エコ・ファースト企業」の認定を受けており、それぞれの事業活動を通じて地球環境保全に向けての取り組みを推進しています。両社は従来から保険取引、事故防止のための安全運転の取り組みを通じ、相互に関係を強化してまいりましたが、この度「エコ・ファースト推進協議会」(*2)発足後、認定企業間初の共同取組として、環境負荷低減(CO2 削減)策を拡大させます。
TRC は、新たに開発した「成功報酬型」の「エコドライブ推進プログラム」(*3)をタケエイに実施し、環境負荷低減の取り組みを支援します。本プログラム最初の導入ケースとなるタケエイは、首都圏を中心とした廃棄物の収集運搬サービスを行っている約300 台の運搬車両に関して本プログラムを導入し、CO2 の削減を図ります。タケエイにおけるCO2 の削減は、約6%(導入前の推定年間CO2 排出量約7,000t)を見込んでおりますが、今後両社は、本プログラムの効果を積極的に開示し、「エコドライブ推進プログラム」の普及および標準化、ひいては社会全体のCO2削減に向けた取り組みの浸透を目指します。
「成功報酬型」の「エコドライブ推進プログラム」は、導入効果(=燃費の改善、環境対策が実現した部分)について一定割合をコンサルティングフィーとする新商品で、初期負担を抑えることが可能となります。本プログラムでは多くのユーザーに評価いただいているドライブレコーダを活用した自動車事故削減コンサルティングのノウハウを活用しておりますが、TRC はタケエイとの共同取組によって更なるデータを蓄積し、コンサルティング業務をより充実させてまいります。

(*1)「エコ・ファースト制度」とは、企業の業界トップランナーと言えるような環境保全に関する行動を促進していくことを目的として、2008 年4 月に環境省が創設した制度です。
(*2)「エコ・ファースト推進協議会」とは、2009 年12 月9 日に「エコ・ファースト企業」としての認定を受けた23 社が参画し、各企業の先進的な取り組みを確実に実行するとともに、「エコ・ファースト企業」間の連携を図り、地球温暖化対策などわが国の地球保全の取り組みの更なる前進に寄与することを目的として設立された協議会です。
(*3)「エコドライブ推進プログラム」とは、ドライブレコーダによるデータ収集・分析に基づくエコドライブ診断などのサービス提供を通じて、顧客の適切な燃費管理手法を確立し、CO2 排出量削減
に取り組むことを目的としております。

【ご参考】
株式会社タケエイの概要
(1)商号:株式会社タケエイ
(2)代表者:代表取締役社長 三本 守
(3)本社所在地:東京都港区芝公園二丁目4番1号
(4)設立年月日:1977年(昭和52年)3月7日
(5)主たる事業の内容:産業廃棄物の処理および再資源化事業
(6)資本金:3,282百万円(平成21年12月末現在)

東京海上日動火災保険株式会社の概要
(1)商号:東京海上日動火災保険株式会社
(2)代表者:取締役社長 隅 修三
(3)本店所在地:東京都千代田区丸の内1-2-1
(4)設立年月日:1879年(明治12年)8月1日
(5)主たる事業の内容:損害保険事業
(6)資本金:101,994百万円(平成21年12月末現在)

東京海上日動リスクコンサルティング株式会社の概要
(1)商号:東京海上日動リスクコンサルティング株式会社
(2)代表者:代表取締役社長 上垣内 健
(3)本社所在地:〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-2-1(東京海上日動ビル新館8F)
(4)設立年月日:1996年(平成8年)8月1日
(5)主たる事業の内容:リスクコンサルティング業
(6)資本金:100百万円(平成21年12月末現在)