温室効果ガス削減の中長期目標(2020 年度、2050 年度)を設定しました
日本興亜損保は、温室効果ガス(CO2)削減の中長期目標(2020年度、2050年度)を設定しましたのでお知らせします。

■温室効果ガス(CO2)削減の中長期目標について

日本興亜損保では、2012年度までに2006年度比で温室効果ガス(CO2)の削減努力により20%削減し、残りは排出権を購入するなどして、“CO2排出ゼロ”カーボンニュートラル企業を目指しています。
この度、2020年度に34%削減、2050年度に80%削減という中長期の自助努力による削減目標(基準年は2006年度)を設定しました。

本目標達成とあわせて、低炭素社会への転換を後押しするような保険の開発や、環境配慮行動を促す保険商品・サービスの提供など、持続可能な社会の実現・発展に向けた企業としての責務を率先して果たしてまいります。

日本興亜損保の環境活動のシンボル“エコラッタ”



URL1 http://www.nipponkoa.co.jp/news/whatsnew/2010/news2010_10_26_02_news.pdf