【日本興亜損保】カーボンオフセットを実施 2009年度上期分として温室効果ガス 1,420 トン分
日本興亜損害保険株式会社(社長 兵頭 誠)では、自社が排出する温室効果ガスについて2012 年度のカーボンニュートラル化を目指しています。このほかお客様の温室効果ガス排出量削減を支援するため、保険商品・サービスに関連したカーボンオフセットを実施しています。
この度、インドにおける風力発電プロジェクトおよび水力発電プロジェクトから創出された排出権を取得して、2009 年度上期分として合計1,420tのオフセット手続き(国連が認証した排出権の取得および日本国政府へ
の無償譲渡)を完了しましたのでお知らせいたします。

風力発電プロジェクト



URL1 http://www.nipponkoa.co.jp/news/whatsnew/2010/news2010_04_28.pdf