「RIO+20」に向けた特別企画がスタートしました!!(受付期間:6月20日(水)まで)

 日本興亜損害保険株式会社(社長 二宮 雅也)と日本の環境情報を世界191 カ国に発信しているNGO ジャパン・フォー・サステナビリティ(代表 枝廣 淳子)が中心となって、日英両言語で運営している『世界の子どもたちをつなぐコミュニティサイト「未来クル・MIRACLE―こども未来創造プロジェクト」(http://miracle-kids.net)』内に、「RIO+20」(注)に向けた特別企画がスタートしましたのでお知らせします。

(注)「RIO+20(リオ・プラス・トゥエンティー)」とは、2012 年6 月20 日(水)~22 日(金)までの3 日間、リオデジャネイロ(ブラジル)において開催される地球サミットです。1992 年に同じリオで開催された地球サミットから20 年を経て開催されるもので、地球上で最も権威と影響力がある環境とサステナビリティに関する国連主催世界首脳会議と言われています。

(ご参考)「未来クル・MIRACLE」サイト内での説明⇒http://miracle-kids.net/ja/basic/basic04-2.html

【特別企画の概要】

「RIO+20」は地球の未来について話し合う場所ですから、子どもたちが参加する権利をもっと大切にしようというメッセージが多くの人たちから寄せられています。そこで、「未来クル・MIRACLE―こども未来創造プロジェクト」サイト内に特別コーナーを設け、「いま私たちが伝えたいこと!」をテーマに、次の問いに対する子どもたちの意見(声)を求めています。(受付期間 は6 月20 日まで)

Q1.地球の未来について、どんなことを期待していますか?(選択形式)

Q2.地球の未来のために、あなたが今、世界の人にいちばん伝えたいことはなんですか?(記述形式)

世界各地から「未来クル・MIRACLE」に寄せられた子どもたち(小学生・中学生)の声は、日本語は英語に、英語は日本語に翻訳されて世界の子どもたちと共有されます。また、寄せられた声は、「RIO+20・地球サミット」の場にお届けするなど、国際社会に広く発信していきます。また、「RIO+20・地球サミット」とは何か、「RIO+20・地球サミット」に、子どもたちが参加(意見提出など)する意義などのコンテンツも用意しています。これらのコンテンツでは、子ども向けにわかりやすく解説しています。

【ご参考】

 「未来クル・MIRACLE―こども未来創造プロジェクト」の概要本サイトは、世界中の子どもたち(主に小学生高学年~中学生)を対象に、地球環境問題をはじめとして、社会のことを自分たちで考え、お互いに学び合い、人に伝え、行動するきっかけをつかんでほしい、という思いでつくられたオンライン上のコミュニティサイトです。世界の子どもたちが言葉の壁を越えて意見交換できるサイトは国内では他に例を見ません。本サイトは、環境NGO ジャパン・フォー・サステナビリティとファウンディングサポーター(設立支援者)である日本興亜損保が中心となって運営しています。

「未来クル・MIRACLE―こども未来創造プロジェクト」の特徴

世界中の子どもたちに「つながり」の機会を提供子どもたちはこのサイトでの、遠く離れた国や地域に住む同世代の仲間とのコミュニケーションを通じて、「つながる楽しさ」を発見できます。

子どもたちの自発性と行動力を喚起本サイトでのコミュニケーションがきっかけとなり、世界中の仲間のさまざまな発想を知り、自ら考える力、自分の思いを伝える力を身につけることができます。

 バイリンガルな構成により、グローバルな感性を育成本サイトは日英両言語で運営され、子どもたちからの日本語書き込みは英語に、英語での書き込みは日本語に翻訳されます。楽しみながら英語に触れる機会を提供することで、真にグローバルな感性を備えた子どもたちの育成に寄与することができます。

以 上

 

 

 

 





URL1 http://www.nipponkoa.co.jp/news/notice/topics_2012_05_22_rio20.pdf