業界初環境マネジメントシステム(ISO14001)のグローバル統合認証を取得
 住友ゴム工業(株)は、このたび、本社およびグループの国内・海外工場、関係会社など30拠点を対象として、環境マネジメントシステムISO14001のグローバル統合認証を取得しました。海外工場を含めたグローバル統合認証の取得は業界初です。
 
 住友ゴム工業(株)は、グループの環境管理体制を一元化し、かつグループ全体でPDCAサイクルを回すことにより持続可能な社会の発展に貢献していくことを目的として、海外の事業所も含めたグループのグローバル統合認証を取得する活動を推進してきました。
 
 2007年12月に本社・技術研究センターでISO14001の認証を取得し、それまで個別で認証を取得していた工場、関係会社などを統合認証に加えるとともに、認証を取得していなかった工場、関係会社を新たに拡大認証し、グローバル30拠点の統合認証を完成させました。これにより、国内外の主要生産・開発拠点(30拠点)の環境管理体制が一元化されることになります。

住友ゴムグループは、地球環境への取り組みを経営上の最重要課題として位置づけ、持続可能な社会の実現に貢献し、社会から信用される企業グループを目指しており、この考え方を表現したCSRメッセージ「for you, for the earth (あなたのために、地球のために)」とともに様々な活動を行っています。
 
 住友ゴムグループは、環境省が創設した「エコ・ファースト制度」に基づき、エコ・ファースト企業として認定されております。今後も業界の環境トップランナーとして、日本国内だけでなく海外のグループ会社も含め、グローバルに環境活動を推進していきます。






URL1 http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2011/sri/2011_003.html