スミトモラバータイランドとスミラバーインドネシアが「環境報告書2011」を発行
 住友ゴム工業(株)のタイのタイヤ製造子会社であるスミトモラバータイランドとインドネシアのタイヤ・ゴルフボール製造子会社のスミラバーインドネシアは、6月に「環境報告書2011」をそれぞれ発行しました。これで、本年はベトナムのOA機器用精密ゴム部品製造子会社とタイのテニスボール製造子会社が新規に、また 中国、タイ、インドネシアの海外タイヤ子会社全社が継続して「環境報告書」を発行したことになります。
 
 スミトモラバータイランドは2006年の操業開始以来環境保全活動を推進し、2009年にその活動を記載した「環境報告書」を初めて発行しました。3年目となる本年の「環境報告書2011」の内容は、会社概要、企業理念、環境方針、環境管理組織、主な環境保全改善内容、環境保全データ、環境活動状況、社会貢献活動、緑化活動等で、全30ページです。
 
 一方、1997年に操業を開始したスミラバーインドネシアは、2007年に初めての「環境報告書」を発行し、今年で5年連続の発行となります。全21ページの報告書には、会社概要、企業理念、環境方針、環境管理組織、環境活動、環境目標・実績、社会貢献活動、緑化活動等が、スミトモラバータイランドの報告書同様、写真やグラフとともに紹介されています。

スミトモラバータイランドの主たる環境関連活動成果

(1)2008年1月 ISO14001認証取得、11月 ゼロエミッション*1達成
(2)2009年6月 完全ゼロエミッション*2達成
(3)2010年環境保全データ(対2009年度比実績)
CO2排出量原単位 : 11.2%削減
電力原単位 : 16.2%削減
燃料油原単位 : 15.0%削減
廃棄物埋立量 : ゼロ継続
工業排水量原単位 : 2.3%削減

(4)その他 植樹、地域清掃活動、献血、チャリティ活動等

 
スミラバーインドネシアの主たる環境関連活動成果

(1)2003年8月 ISO14001認証取得
(2)2004年12月 ゼロエミッション*1達成
(3)2008年8月 完全ゼロエミッション*2達成
(4)2010年環境保全データ(対2009年度比実績)
CO2排出量原単位 : 6.3%削減
電力原単位 : 7.1%削減
燃料油原単位 : 8.2%増加
廃棄物埋立量 : ゼロ継続
工業排水量原単位 : 24.5%削減

(5)その他 植樹、地域清掃活動等

 
*1 ゼロエミッション : 直接埋立廃棄物の量を全廃棄物発生量の1%未満、再資源化率99%以上にすること
*2 完全ゼロエミッション : 直接埋立廃棄物の発生を完全になくし、再資源化率100%にすること

住友ゴムグループは、地球環境への取り組みを経営上の最重要課題として位置づけ、持続可能な社会の実現に貢献し、社会から信用される企業グループを目指しており、この考え方を表現したCSRメッセージ「for you, for the earth (あなたのために、地球のために)」とともに様々な活動を行っています。また、環境省から「エコ・ファースト企業」として認定され、業界の環境トップランナーとして、日本国内だけでなく海外のグループ会社も含め、グローバルに環境活動を推進しています。

スミトモラバータイランドの「環境報告書」



URL1 http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2011/sri/2011_042.html