タイヤラベリング制度運用開始 ダンロップの「ENASAVEシリーズ」は全サイズ『低燃費タイヤ』基準に適合
 ダンロップの住友ゴム工業(株)が発売しているエコタイヤ「ENASAVE(エナセーブ)シリーズ(ENASAVE 97、ENASAVE RV503、ENASAVE EC202)」は、2010年1月から開始されるタイヤラベリング制度の『低燃費タイヤ』に全サイズが適合しています。
 これによりダンロップの補修用夏タイヤのうち約70%に相当する本数が『低燃費タイヤ』となります。

 タイヤラベリング制度は社団法人日本自動車タイヤ協会(JATMA)が、業界自主基準として策定した「低燃費タイヤ普及促進に関する表示ガイドライン(ラベリング制度)」に沿って、転がり抵抗性能とウエットグリップ性能が一定値を満たすタイヤを『低燃費タイヤ』と定義づけるものです。
 「ENASAVE(エナセーブ)シリーズ」は、コロエネゴムなど独自の低燃費技術の採用により、タイヤの転がり抵抗を大幅に下げて自動車の燃費を向上した、地球温暖化防止に貢献できる低燃費タイヤです。石油外天然資源比率を97%まで高めた「ENASAVE 97」、ミニバン専用低燃費タイヤ「ENASAVE RV503」、スタンダードタイヤ「ENASAVE EC202」の3種類のラインアップで幅広い車種に対応しています。「ENASAVEシリーズ」3商品の販売構成比は、ダンロップの補修用夏タイヤの約70%に相当します。




URL1 https://www.dunlop.co.jp/newsrelease/2010/2010_003.htm