中田エンヂニアリング㈱と㈱ダンロップリトレッドサービスが完全ゼロエミッションを達成
 住友ゴムグループの会社で、ゴム製品製造機械及びライン設備の設計・製造・販売を行う中田エンヂニアリング(株)と更生タイヤの製造・販売を行う(株)ダンロップリトレッドサービスが、本年1月に完全ゼロエミッション*1を達成しました。

 中田エンヂニアリング(株)は、2004年にISO14001認証を取得した後、ゼロエミッション*2達成に向けて活動を開始しました。各部署で出るゴミは、まず各々の分別箱に意識して分別することにし、さらに敷地内に設けたゴミステーションに集め、最終的に敷地の外に出る前に毎朝ゴミステーションのチェックを行い対策を重ねてきました。同社は2006年にゼロエミッションを達成し、その後、押出機耐圧テストや開発で使用した後のくずゴムの処置先の選定や各種容器の選別等により再資源化が可能となり、この度、完全ゼロエミッションを達成することができました。

 一方、(株)ダンロップリトレッドサービスは2006年初めに「廃棄物分別回収」を宣言し、ゼロエミッションの達成に向けて活動を開始しました。まず更生タイヤの製造工程で発生する廃棄物を5種類に分類し分別回収を図りました。さらにリサイクルに関する再教育や処理ルールの再検討などを行い、分別回収が徹底できるようになりました。廃棄物の粉砕処理などを加えてサーマルリサイクルできるルートに乗せ、埋め立てすることなく、熱源として有効に活用することも可能にしました。同社は2006年後半にゼロエミッションを達成しましたが蛍光灯等の処理を含め各種部品を分解するなどにより再資源化が可能となり、この度、完全ゼロエミッションを達成することができました。

(株)ダンロップリトレッドサービス



URL1 https://www.dunlop.co.jp/newsrelease/2010/2010_011.htm