兵庫県高砂市に「GENKIの森」を開設、森びらきイベントを開催

 v

 

住友ゴム工業(株)は、兵庫県が推進する「企業の森づくり事業」に参加し、高砂市阿弥陀町に新たな「GENKIの森」を開設、3月22日(土)に森びらきイベントを開催しました。
 
集合写真 植樹の様子
   
集合写真 植樹の様子
 
 住友ゴムグループでは、樹木によるCO2の吸収で地球温暖化防止に貢献するだけでなく、生物多様性保全を考え、地元で集めたどんぐりを育て植樹する全社活動「どんぐりプロジェクト」を
推進しています。その一環として、国内9カ所にある「住友ゴムGENKIの森」に育成した苗木の植樹を行っています。
 
 加古川工場(兵庫県加古川市)では、2010年から同工場内でどんぐりから育成した苗を高砂市の鹿島・扇平自然公園内に植樹しています。今回、兵庫県が進める「企業の森づくり事業」の
場として、2011年の山火事で広範囲に渡り緑が失われている同自然公園内の一部を紹介いただき、植樹活動を行うこととなりました。
 3月22日(土)9時から、兵庫県、高砂市、県緑化推
進協会等関係者約70名が参加し、森びらきの式典を開催しました。式典終了後は、学童保育の運営を行っているNPO法人高砂キッズ・スペースの小学生約20名と一緒に、持参した苗木、
合計約200本を植樹しました。
 
 住友ゴムグループは、これからもグローバル企業としての社会的使命を果たすため、広く地域・社会に貢献し、期待され信頼され愛される企業として、新しい価値を創出し、持続可能な社会
の発展に貢献していきます。
 
*兵庫県緑化推進協会が進める事業で、環境保全等社会貢献に関心の高い企業や団体等に、県内の豊かな自然環境を活用し、地域の方々とともに森林保全に参画してもらうという制度。兵庫
県、対象市町、県緑化推進協会、企業や団体の4者で協定を締結し、森林整備を行う。