営業車両に電気自動車「日産リーフ」を導入しました

2011年1月11日(火)、資生堂販売㈱の首都圏の営業拠点に電気自動車「日産リーフ」第1号車を充電設備と合わせて導入しました。 現在、資生堂販売㈱では、全国で営業車両を約1500台保有しています。電気自動車は動力源に電気を使用しガソリンを使用しないことから、走行時には一切CO2を排出しないため、大幅にCO2排出量を削減することが可能となります。 今回導入した車両には資生堂の全社員が取り組む環境プロジェクトの名称である「Shiseido Earth Care Project」とそのシンボルマークを、車体の左右と後ろに大きく載せています。 今後は、都内と神奈川県内の営業拠点に合計で10台導入します。それ以降は、インフラ(充電設備)の整備状況等を考慮し、順次導入を検討していきます。 その他、資生堂の販売部門での環境への取り組みとしては、「ビューティーコンサルタントのコスチュームのケミカルリサイクル化 」や「スキンケア商品陳列トレーの共通化・再生プラスチック仕様による省資源化」などを行なっています。 今後も資生堂は、商品はもちろんのこと、店頭・販売での環境への取り組みを積極的に推進してまいります。 資生堂アースケアプロジェクトでは、資生堂グループの象徴的な環境活動に番号をつけて(ナンバリング)整理し、紹介しています。 その他の環境活動はこちらをクリック↓  


電気自動車「日産リーフ」



URL1 http://group.shiseido.co.jp/eco/