資生堂タイランドの社員が今年もマングローブの植林活動を行いました

資生堂タイランドでは6月16日、タイのクロン・コーンマングローブ保護センターにて、昨年に引き続きマングローブの植林活動を実施しました。 本年は資生堂タイランドの社員30人でマングローブ約350本を植林しました。 資生堂タイランドでは、2008年度から社員ボランティアを募り、タイの各地でマングローブやチークの植林活動を実施しています。 この取り組みは、すぐれた環境活動を番号をつけて認定する“ナンバリング”のNo.33-2「タイにおける植林活動」として既に認定されている取り組みです。 これまでの活動では、2008年にタイのバンコク都が主催するマングローブ再生プロジェクトに協力し、マングローブ生息湿地帯に隣接する小学校と共に2600本のマングローブを植林しました。2009年にはチーク500本を植林、2010年9月には同クロン・コーンマングローブ保護センターにて、植林活動を実施しました。 参加した社員からは「土がぬかるんで作業はとても大変だったが、生きた自然に触れることができ参加して良かった。また、この取り組みをまだ参加していない社員にも共有し、チームのボランティア精神をより強くしていきたい」との感想が寄せられています。 資生堂タイランドでは、社員と共に引き続き環境保全活動を実施していきます。 資生堂アースケアプロジェクトでは、資生堂グループの象徴的な環境活動に番号をつけて(ナンバリング)ご紹介しています。 その他の環境活動はこちらをクリック↓  


植林の様子



URL1 http://group.shiseido.co.jp/eco/