スーパーマイルドに国内で初めてサトウキビ由来ポリエチレン容器を採用しました

2011年9月、資生堂は、国内の化粧品・日用品としては初めてサトウキビ由来ポリエチレン容器をヘアケアブランド「スーパーマイルド」に採用しました。

サトウキビ由来ポリエチレンを焼却する時に発生するCO2は、サトウキビが生長過程で吸収してきたCO2であり、CO2の増減は±0(ゼロ)といえることなどから、サトウキビ由来ポリエチレンは石油由来ポリエチレンと比較すると、ライフサイクル全体におけるCO2排出量が約7割強少ないといわれています。

今回スーパーマイルド容器のレギュラーサイズ、ジャンボサイズのボトル部分には約96%、つめかえ用には約34%のサトウキビ由来ポリエチレンを使用しており、石油由来に比べて年間でのCO2排出量は約235トン削減できる見込みです。また、サトウキビ由来ポリエチレンは、主にサトウキビから砂糖を精製した残液部から作られるため、食料との競合が発生しにくいメリットもあります。

今後、資生堂は、サトウキビ由来ポリエチレンなどの植物由来プラスチックを容器全体に占める割合で20%以上(重量比)使用している商品には、資生堂が全社的に取り組む環境プロジェクト「資生堂アースケアプロジェクト」のシンボルマーク(下図)を記載することとし、スーパーマイルドにもこのマークを表示します。
 
資生堂では、ライフサイクル全体での商品の環境対応を推進しており、有限な石油資源の節約とCO2排出量の削減を目的に、2020年までに国内化粧品事業にて使用しているポリエチレン容器の70%以上を植物由来に切り替えていきます。
 

資生堂アースケアプロジェクトでは、                                                 資生堂グループの象徴的な環境活動に番号をつけて(ナンバリング)整理し、紹介しています。 その他の環境活動は下記のURLをクリック↓

 

 

 

 


スーパーマイルドのサトウキビ由来ポリエチレン容器

サトウキビ由来ポリエチレン容器などの植物由来プラスチック容器に記載するマーク(拡大図)


URL1 http://group.shiseido.co.jp/eco/