「第12回ブリヂストンこどもエコ絵画コンクール」の 入賞作品を発表

 株式会社ブリヂストンは、ブリヂストンサイクル株式会社及びブリヂストンスポーツ株式会社と共に、毎年「ブリヂストンこどもエコ絵画コンクール」を開催しています。このコンクールは、未来を担う子どもたちに絵を描くことを通して自然の大切さについて考えてもらいたいという思いのもと、2003年から毎年開催されており今年で12回目を迎えました。現在まで、延べ256,991点の絵が寄せられましたが、その一つひとつが子どもたちの豊かな感性によって描き出された素晴らしい作品でした。

 第12回目のテーマは、「みつけよう おもしろい しぜん」で、全国各地から、38,929点の応募がありました。その中から公平かつ厳正な審査により、ブリヂストン大賞5点、ブリヂストンサイクル賞10点、ブリヂストンスポーツ賞10点、ブリヂストン賞76点の合計101点の入賞作品を選出し、2015年3月31日(火)にブリヂストン グローバル研修センター(東京都港区西麻布)において表彰式を行いました。

 101点の入賞作品は、日産自動車株式会社の電気自動車「日産リーフ※1」にデザインされ、4月1日(水)以降、企業博物館「ブリヂストンTODAY」(東京都小平市)で展示される予定です。また、4月以降、入賞作品の展示を各地で予定しています。詳細については、後日コンクールサイト(http://www.bridgestone.co.jp/sc/ecokaiga/index.html外部リンク)にてご案内致します。

 今後も、ブリヂストングループは、「こどもエコ絵画コンクール」をはじめとした環境教育活動の一層の充実を図り、子どもたちに自然環境をより身近なものに感じてもらうための取り組みを推進していきます。「環境宣言」に掲げた「未来のすべての子どもたちが『安心』して暮らしていくために・・・」という当社グループの変わらない思いのもと、持続可能な社会の実現を目指していきます。

※1 当コンクールにご賛同頂きました、日産自動車株式会社から電気自動車「日産リーフ」の提供を受けています。

 

 

 


表彰式の様子

ブリヂストン大賞 受賞作品