「住まいと暮らしのエネルギー消費を削減し、ゼロバランスをめざして」エコプロダクツ2012』出展

LIXIL は「総合住生活企業」として、年々増加傾向にある民生部門でのエネルギー消費の削減に向けた技術開発を進め、無理なく快適なゼロバランス住宅の実現を目指しています。『エコプロダクツ2012』でLIXILは、「住まいと暮らしのエネルギー消費を削減し、ゼロバランスをめざして」をテーマに、“ゼロバランスをめざしたこれからの住まい”をわかりやすく展示。

1.窓・壁・床など住宅外皮の断熱性能を高め、また通風や採光をコントロールして活用することで、熱効率を高め、冷暖房にかかるエネルギー消費を削減する。

2.キッチン、バスなど設備機器の節湯・節水技術を高めることで、給湯にかかるエネルギー消費を削減する。

3.太陽光発電システムなどエクステリア空間を利用し、最低限必要なエネルギーを創る。

LIXILでは、当ブースでの体験を通じ「総合住生活企業」だからこそ実現できる最新のゼロバランス住環境技術と、みなさまの生活とのつながりを、より身近に感じていただけるよう訴求しました。

 





URL1 http://newsrelease.lixil.co.jp/news/2012/110_eco_1204_02.html