楽しく涼しさをシェアする「クールシェア」に賛同

 

株式会社LIXILは、昨年に引き続き本年も、クールシェア事務局(代表:堀内正弘)が環境省と連携して推進している「クールシェア」の取り組みに賛同し、7月1日(月)~8月31日(土)の期間の平日※、全国78箇所のLIXILショールームを「クールシェアスポット」として開放します。
※ショールームによって開放期間・開放時間が異なります。詳しくは、クールシェア事務局のシェアマップ( URL:http://cool.sharemap.jp/ )でご確認ください。


「クールシェア」は、2011年に多摩美術大学デザイン学科のゼミで生み出されたプロジェクトで、ひとり1台のエアコン使用をやめて電気の無駄遣いを減らし、みんなで涼しい場所に集まって楽しく涼しさをシェアすることで、家庭部門でのエアコンによる夏場のピーク消費電力を減らそうという取り組みです。

“がんばりすぎない節電”を推進するLIXILは、楽しみながら節電できる「クールシェア」の考えに賛同し、今年も猛暑時に気軽にショールームにお立ち寄りいただけるよう、「クールシェアスポット」として開放することを決定しました。
LIXILでは、様々な省エネ製品やサービスの開発等を通じ、頑張り過ぎず快適に暮らす夏の節電を応援しています。





URL1 http://newsrelease.lixil.co.jp/news/2013/110_eco_0614_01.html