LIXILは、深刻な衛生問題に直面している子供たちのためにユニセフの推進する「WASHプログラム」への支援を約束しました


学校トイレの設置、改修を支援する「ISIS※12018プロジェクト」スタート 

 

※1:「ISIS(アイシス)」とは、Improved Sanitation in Schoolsの頭文字をとったもので、学校における衛生設備の改善を推進するLIXILのプロジェクトです。

住まいと暮らしの総合住生活企業である株式会社LIXIL(本社:東京都千代田区、社長: 藤森義明)は、2013年10月、国際連合児童基金(UNICEF、以下、ユニセフ)と覚書を交わし、ユニセフが推進する「WASHプログラム(WAter Sanitation Hygiene Program)」を支援することを約束しました。


「WASHプログラム」とは、国連ミレニアム開発目標の1つである「安全な飲料水と衛生施設を継続的に利用できない人びとの割合を半減させる」ことを目指すプログラムで、ユニセフが強力に支援し、推進しています。LIXILはこの主旨に賛同し、ユニセフに対し、学校の衛生設備改装のためにトイレや手洗器などの提供や子供たちへの健康・衛生教育への協力を約束しました。あわせてLIXILのCSR推進テーマとして、2018年までに200万人以上の児童に清潔で衛生的なトイレを提供することを目標とした「ISIS 2018プロジェクト」を、2013年11月19日の「世界トイレの日」にスタートさせます。

「ISIS」とは、Improved Sanitation in Schoolsの頭文字をとったもので、学校における衛生設備の改善を推進するLIXILのプロジェクトです。まず、ユニセフの「WASHプログラム」に協力し、フィリピンへの資金支援や中国への設備提供などを予定し、インドネシア、ベトナム、ケニアへと広げていく計画です。フィリピンへは、約22万5,000人の子供たちに歯ブラシや歯みがき粉、石鹸を届け、衛生的な生活習慣を身につける教育のための資金提供として3年間の寄付を実施します。またケニアでは、LIXIL独自の活動として、上下水道のインフラのない地域でも衛生的な暮らしを支えられる水まわりや電力などをパッケージ化した「インフラフリー・ユニット」を、現地で生産、供給できるよう、現地の専門家や設計者と共同で実証試験の準備を進めています。

世界では約25億人※2の人びとが安全で衛生的なトイレのない生活を強いられています。安全でない水や不衛生な環境が原因とされる疾患で、5歳以下の子供たちが220万人以上※3も命を落としており、不衛生な環境に起因する病気のために学校にいけない日数は世界全体で毎年少なくとも2億7,200万日※3にのぼるといわれます。不衛生な環境は、医療費や生産性の損失という形で、経済成長や発展にも深刻な影響を及ぼしており、そのために引き起こされる経済損失は、2,600億ドル※2と推定されています。さらにプライバシーや安全の守られないトイレのために女子生徒が中退することも多く、男女間の不平等も助長されています。
※2:World Bankホームページより ※3:Unicefホームページより

LIXILは、「世界トイレの日」を迎えるにあたり、世界で子供たちが直面している状況を伝える映像も制作し、YouTubeにて公開しています。国連ミレニアム開発目標の掲げる高い目標に貢献していくために「ISIS 2018プロジェクト」に取り組み、「WASHプログラム」を支援していきます。





URL1 http://newsrelease.lixil.co.jp/news/2013/070_company_1118_01.html