「低炭素杯2015」で「KIRIN最優秀学生チャレンジ賞」を贈呈

  低炭素社会の構築を目指し、全国よりすぐりの団体が個性的な温暖化防止の取組を発表・交流した「低炭素杯2015」。その中で、「静岡県立富岳館高等学校農業クラブ」に「KIRIN最優秀学生チャレンジ賞」を贈呈しました。

  富岳館高校農業クラブは、「トマトの耐暑性を上げる土壌改良資材」を開発し、空調のエネルギーの削減による温暖化防止への貢献が期待されています。 開発した「土壌改良資材 AHXチップ」は、製紙工程で廃材となるペーパースラッジを活用し、キノコから抽出した植物成長調節物質を加えたもので、富岳館高校農業クラブが静岡大学や製紙業者と関わりを持ちながら独自に開発したものです。

すでに試験導入されている地元農家では収穫量が増えて高温障害が減る効果も確認されています。地域と連携して開発し、実用化まで実績を重ねてきたすばらしい取り組みです。





URL1 http://www.zenkoku-net.org/teitansohai2015/award/award-12.php