クラフトビール ダイニング「SPRING VALLEY BREWERY TOKYO」で自然エネルギー活用

キリンでは、2015年4月17日(金曜日)に「LOG ROAD DAIKANYAMA(ログロード代官山)」内にオープンした「SPRING VALLEY BREWERY TOKYO」で使用するすべての電力を「グリーン電力証書*1」システムを利用したグリーン電力で賄っています。
これは、当社が2007年からY-グリーンパートナーとして協賛している横浜市風力発電事業から発行される「グリーン電力証書」を活用することで「自然エネルギー」によるグリーン電力が使用されたとみなされるものです。

「SPRING VALLEY BREWERY」東京・横浜の両店舗では、6種類の通年コアアイテムや限定ビールなど多種多彩なこだわりのクラフトビールを楽しめます。さらに、「ビア・サプライズ(驚きのビール体験)」をテーマに、ビアインフューザー*2によるカスタマイズビールや、ビールとフードとのペアリングを楽しめるほか、歴史やビールづくりについて体感できる内装や展示、ユニークなクラフトビール醸造設備など多くのコンテンツを次々に展開していきます。そのほか、ビールや食にまつわるセミナーやワークショップの開催、つくり手との対話とそこから生まれる新たな未来のビールの共創など、ビールについてあまり知識のない方から興味・関心の強い方まで、広く満足いただける場を提供します。

キリングループは今後も、自社の商品や事業を取り巻く全てのステークホルダーと協力しバリューチェーン全体でCO2排出量を削減する活動を推進していきます。

*1:グリーン電力とは太陽光、風力、水力といった自然の恵みから生まれた「自然エネルギー」によって発電された電力のことです。グリーン電力証書とは、使用電力に応じて購入するとその資金は太陽光発電や水力発電などの自然エネルギー事業に提供され、グリーン電力を使用したとみなされる仕組みです。尚、グリーン電力証書は、信頼性を確保する第三者機関の認証を得て交付されています。

*2:ホップやフルーツなどの自然素材にビールを通液することで、香りや風味を付加し、自分好みにカスタマイズしたオリジナルビールを作ることができる、「SPRING VALLEY BREWERY」のためにキリンのパッケージング技術研究所がオリジナルで開発した装置。





URL1 http://www.springvalleybrewery.jp/
URL2 http://www.kirin.co.jp/company/news/2015/0213_01.html