【島津製作所】国内の主要事業所で、再エネ電力に切り替え

島津製作所は、2021年7月から、国内の島津グループの事業所(電力を直接契約している工場や研究所など)で使用する電力を、トラッキング付非化石証書を活用した実質再生可能エネルギー由来100%の電力(以下、再エネ電力)に切り替えます。

気候変動問題は世界全体の課題であり、脱炭素に向けた声明の発表や取り組みへの動きが各国で加速しています。当社は、2021年3月にRE100に加盟し、2050年までに当社グループで使用する電力を全て再エネ電力にすることを宣言しました。中間目標を、2030年度85%、2040年度90%に設定しています。今後、海外拠点や国内の事業所(電力を直接契約していない拠点)についても、電力の再エネ化を進めていきます。

*トラッキング付非化石証書 太陽光、風力などの再生可能エネルギー電源を用いて発電された電気であることを、発電設備の情報と共に証明するもの

 

プレスリリースはこちら:https://www.shimadzu.co.jp/news/press/r92bb91ecbehg6ff.html