第6回「エコ・ファースト シンポジウム」を開催しました

2021年11月16日(火)、協議会は「気候危機と脱炭素社会」をテーマに、第6回「エコ・ファースト シンポジウム」を開催し、当日はオンラインを含めて約450名の方々にご視聴いただきました。

今井雅則 協議会議長(戸田建設株式会社 代表取締役会長)による開会の辞に続き、環境省 大臣官房審議官 白石 隆夫氏よりご挨拶と「環境政策の最新情報」と題し、ご講演を頂きました。

基調講演では、山本良一氏 (東京大学名誉教授、東京都公立大学法人 理事長、気候非常事態宣言ネットワーク(CEN)委員長)をお招きし、「気候危機と脱炭素社会」と題してご講演を頂きました。

山本氏からは「エコ・ファースト企業は気候非常事態宣言をして、カーボンニュートラルからカーボンネガティブ(経済活動によって排出される温室効果ガスよりも、吸収する温室効果ガスが多い状態)を目指していただきたい」との激励のお言葉を頂きました。

企業発表では、エコ・ファースト認定企業のキリンホールディングス株式会社・株式会社ブリヂストン・東洋ライス株式会社の3社よりの自社の取り組みの発表に続き、その後、ファシリテーターに株式会社オルタナの森摂氏を迎え、山本良一氏とこの3社によるパネルディスカッションを行いました。

エコ・ファーストシンポジウムは、毎回テーマを設定し、継続して開催していく予定です。


山本氏による基調講演

パネルディスカッションの様子