環境保全のトップランナー企業(エコ・ファースト企業)としての約束を達成

 ライオン株式会社(社長・藤重 貞慶)は、環境保全の業界トップランナー企業(エコ・ファースト企業)として、今夏(2011年7月~9月)の東京電力・東北電力管内での最大電力を、昨年の最大値の15%以上削減する『節電の約束』を掲げ、様々な取り組みを行ってまいりました。その結果、今夏の当該地域での最大電力を昨年の最大値(11,582キロワット)に対し、28%以上削減いたしました。

 また、全社でのCO2排出量削減の取り組み「ライオンチャレンジ25」では、2011年4月~9月におけるライオングループ全体の事務部門※1(オフィス)で、前年比380トン削減(14.7%減)し、2005年の取り組み開始以来最大の削減量を達成いたしました。

※1  一部生産施設の事務所をのぞく
 





URL1 http://www.lion.co.jp/ja/company/press/2011/2011100.htm