ゲリラ豪雨抑制・ヒートアイランド緩和の効果確認を目的に新環境素材「保水セラミックス」の実証試験をスタート
INAXは、地球環境問題における研究開発を積極的に進めています。主に都市部で見られる環境問題に対し、建築や土木などの分野を超えて提案する新環境素材「保水セラミックス」の実用化に向け、東京都内のビル屋上で50m2規模の比較実験を8月1日から開始しました。

「保水セラミックス」は、耐久性・耐候性に優れ、高い保水性能と蒸発性能を持つ環境素材で、都市部のビルの屋上などに簡易に敷設します。保水率60%以上という性能により、ゲリラ豪雨による雨水を一時的に貯留し、局地的な大雨が短時間で下水道や河川に流出することを抑制し、都市型水害の防止に役立ちます。また、晴天時には、貯留した雨水の蒸発冷却作用によって建物や周囲の温度上昇を抑え、ヒートアイランドの緩和にも寄与します。

※詳しくは、下記のURLをご覧ください。

保水セラミックス敷設の様子(奥が気象観測装置)



URL1 http://www.inax.co.jp/company/news/2010/060_eco_0804_649.html?tc=rss