東日本大震災被災地でボランティア活動を実施


 住友ゴム工業(株)東日本大震災から3ヶ月が経過し、被災地のボランティア受入れ体制も整いつつあることから、当社グループ従業員によるボランティア活動を継続的に展開することを決定し、6月8日(水)から11日(土)まで第1回目の復興支援活動を実施いたしました。
 
 


 
 当社は、阪神・淡路大震災で本社・神戸工場が被災し、多くの皆様の支援をいただき復興した経緯があります。その経験を生かして被災地の1日も早い復興を願い、今回のボランティア活動を実施しました。今後もこの活動を定期的に継続し、復興のお役に立ちたいと考えております。
 
【ボランティア活動概要】

1.名称 : 東北応援 東日本大震災被災地域へのボランティア隊
2.日程 : 6月8日(水)~6月11日(土)
3.参加者 : 住友ゴムグループ社員16名
4.活動地域 : 宮城県石巻市
5.作業内容 : 被災家屋からの泥出し作業及び清掃作業のお手伝いほか
6.今後の予定 : 7月、9月、10月(各1回)を予定

 
また、当社グループではボランティア活動以外に、以下の支援活動も実施しております。

【当社グループの復興支援活動について】

<義援金>
・ 住友ゴム工業(株)とSRIスポーツ(株)から、義援金として1億円を福島県、宮城県、岩手県に寄付いたしました。
・ 住友ゴムグループ社員から日本赤十字社に1,045万円を寄付いたしました。


<物資支援>
・ 仮設住宅用ガス管、作業用ゴム手袋など1億円相当を寄付することとし、現地の要請を受けながら順次実施しています。
・ SRIスポーツ(株)衣料品4千万円相当を寄付いたしました。



・ 兵庫県への避難者サポートを行う5つのNPO法人に資金援助をいたしました。