2011年1月21日発売のクレ・ド・ポー ボーテ 新スキンケアでは、様々な環境対応を行なっています

No. 083 クレ・ド・ポー ボーテ スキンケアリニューアルに伴う環境への取り組み 資生堂の最高級ブランド クレ・ド・ポー ボーテは、すべてにおいて「本物」を求めるお客さまにご満足いただくため、品質はもちろんのこと、あらゆる面において「最高級」であることを目指しています。 この度、2011年1月のスキンケア商品リニューアルに伴い、 ①フェアトレード(公正な貿易※)にて調達された香料の「サンダルウッド」と「ベンゾイン」を配合 ②ラ・クレーム(クリーム)に初めてレフィルを配置 ③商品の外箱と能書(説明書)にバガス紙(サトウキビから砂糖を採ったあとの繊維を原料として作られる非木材紙)を採用 などの先進的な取り組みを行ないました。 クレ・ド・ポー ボーテは、自然や社会とのつながりを大切にし、品質だけでなく、環境へも配慮した商品をお届けします。 ※フェアトレード(公正な貿易)とは、発展途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することを通じ、途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す取り組みです。資源の乱獲などを防ぎ、持続可能な活用を目指すことで、環境保全にも貢献します。 資生堂アースケアプロジェクトでは、資生堂グループの象徴的な環境活動に番号をつけて(ナンバリング)整理し、紹介しています。 その他の環境活動はこちらをクリック↓  


クレ・ド・ポー ボーテ 新スキンケア(全21品目21品種)



URL1 http://group.shiseido.co.jp/eco/