富士通グループの環境報告書が「第19回環境コミュニケーション大賞」で環境報告書部門「優良賞」を受賞

当社の「富士通グループ環境報告書 2015」が、「第19回環境コミュニケーション大賞」(主催:環境省、一般社団法人 地球・人間環境フォーラム)の環境報告書部門「優良賞」を受賞しました。

これは、本報告書が近年深刻化する気候変動に対して、緩和策・適応策の双方に関わる事業活動をメインテーマに、それぞれの事業活動と環境課題の関係性を明確に説明している点が評価されたものです。

今後も当社グループは、グローバルICT企業としての使命を認識し、環境負荷の低減を追求しながら、環境への取組みをステークホルダーの方々に積極的に開示していきます。

【受賞の理由について】

・ 近年深刻化する地球環境課題の一つである気候変動に対して、緩和策と適応策の双方に関わる事業活動とその計画をメインテーマとしており、興味深い内容となっている。

・ 環境課題への取組み事例を記載するのみならず、それぞれの事業と環境課題の関係性を明確に記載している。

・ WEBに掲載されているPDF版での閲覧を容易にするためのユーザーガイドがあり、情報提供の仕方に工夫がされている。


富士通グループ環境報告書 2015



URL1 http://pr.fujitsu.com/jp/news/2016/02/12-1.html
URL2 http://www.fujitsu.com/jp/about/resources/reports/sustainabilityreport/2015-environmentalreport/index.html