「低炭素杯2013」を共催

昨年に引き続き、低炭素杯2013実行委員会(委員長:小宮山宏、プラチナネット構想ネットワーク会長)主催の「低炭素杯2013」(2013年2月16日、17日開催)を共催します。当社は低炭素杯を初回から共催しており、今回で3回目となります。

「低炭素杯」は未来に向けた低炭素社会をつくるために、2011年より開催しています。低炭素社会の構築に向けて、全国各地で様々な草の根の活動を展開している学校・家庭・有志・NPO・企業などの方々が、その優れた活動のプレゼンテーションを通じて、発信し、交流を深め、学びあい、連携の輪を広げていく活動です。

「低炭素杯2013」では、全国からエントリーされた1,371団体から厳しい審査を経て選ばれた40団体(ファイナリスト)がプレゼンテーションを行い、その中から優秀な低炭素活動を行った団体を表彰します。

今回、授与される低炭素杯(トロフィー)は、東京電力福島第一原発事故の影響を受けている福島県石川町立野木沢小学校6年生の子どもたちの体験と今の思いを、造形家の齊藤公太郎氏と協働で形にするためワークショップで制作します。

また、特別シンポジウム「低炭素社会へ-世代を超える・つなぐ活動づくりのために」では、コーディネーターに川北秀人氏(IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表)を迎え、5人のパネリストとパネルディスカッションを行います。

LIXILでは、今後もこうした活動を通じて、人びとの暮らしが地球と調和することを願い、住まいづくりのあらゆるプロセスにおいて、環境に配慮した主体的な取り組みを続けていきます。





URL1 http://newsrelease.lixil.co.jp/news/2013/110_eco_0111_01.html