LIXIL 「森でeこと(もりでいいこと)」 茨城 10回目の活動を実施

株式会社LIXILは、2013年12月7日(土)茨城県土浦市宍塚にて、「森でeこと」茨城を開催しました。「森でeこと」は、LIXILが行う森林保全のための自主参加のボランティア活動で、三重県、長野県、茨城県の3ヵ所で展開しています。今回の活動には、茨城県にある工場の従業員を中心に66人が参加し、水田再生のためのあぜ道と水路の復元を行いました。

茨城県内に7つの工場を持つLIXILは、工場敷地内の植樹だけでなく、地域に根ざした活動を展開するため、周辺にお住まいの方々との交流も積極的に行っています。「森でeこと」茨城では、土浦市宍塚を中心とした認定NPO法人「宍塚の自然と歴史の会」の、里山を子どもたちに残すための取り組みに共感し、2007年から活動を始めました。里山は、多様な生物のすみかとして注目されていますが、その保全には定期的な草刈や間伐、不利な耕作条件での稲作支援などの、地道な作業の継続が求められます。今回行ったあぜ道と水路の復元は、50年前に放置された水田再生の一環です。里山の生物多様性を取り戻すために、時間をかけて自然環境を保全していきます。

茨城での活動は10回目を迎え、参加者は累計570人を超えました。参加者は首都圏やグループ会社の従業員にまで広がっています。また、今回は茨城大学農学部の教授や学生も参加し、新たなつながりを感じることができました。今後もLIXILは、定期的な保全活動を継続し、宍塚の自然環境を守っていくと同時に、従業員一人ひとりの環境意識を高めていきます。
茨城県内の生産拠点が中心となり、周辺事業所や家族、
地域の人びとと共に、里山保全活動を継続しています。


あぜ道の跡を探し出す

復元したあぜ道

参加者全員による集合写真

URL1 http://newsrelease.lixil.co.jp/news/2013/110_eco_1212_03.html